インプラント治療の概要

歯の外見と機能、両方を再現

インプラントは現在における、失った歯を補う最善の治療法です。理由は、歯の外見と機能、両方を再現することができるからです。しかも、天然歯と同レベルで再現することができます。これは非常に難しいことであり、従来の治療法では困難でした。従来の治療法ですと、歯の外見は天然歯と同レベルで再現できるのですが、歯の機能に関しては構造上問題があり、天然歯に遠く及ばないレベルでしか再現できなかったのです。歯は噛めてこそ歯と言えますから、インプラントが最善の治療法だと言えるのです。

従来の治療法の問題点

従来の治療法というのは入れ歯とブリッジになりますが、入れ歯は、しっかりと固定されておらず、歯茎の上に乗せているだけですから、強く噛むことには不向きです。ブリッジの場合は、しっかりと固定されています。従って、強く噛むことが可能です。但し、固定するのは両隣の歯となりますから、強く噛んでしまうと両隣の歯はダメージを負ってしまうことになります。ですから、ブリッジの強く噛める能力は、あくまでも理論上のことでしかないのです。

強く噛んでも大丈夫な理由

その点、インプラントは人工歯根を歯茎に埋め込み、その歯根に人工歯を取り付けるという治療法になるのですが、歯根は歯茎に埋め込むだけではなく、歯茎の奥にある顎骨と結合させます。従って、しっかりと固定されていますし、また、他の歯に頼る固定方法でもありませんから、強く噛んでも、まったく問題はないのです。その上、この構造が天然歯の構造と非常によく似ていますので、天然歯と同じ強さで噛んだとしても大丈夫なのです。

杉並区で行うインプラントならば、丁寧なカウンセリングを行いますし、安心して治療を受けられます。まずは治療方法や治療費について調べましょう。