プチ整形で行われるボトックス注射の効果

ボツリヌス菌の毒素からできた成分で筋肉の働きを弱める効果

美容整形の世界ではプチ整形が人気を集めています。プチ整形とはメスを使わない整形のことで、肌に傷が残らないので若い女性から中高年女性まで人気があります。プチ整形で欠かせないのがボトックス注射です。主にシワを取るための整形治療に使われる方法です。ボトックスというのはボツリヌス菌が作り出す毒素を弱くした薬で、筋肉の動きを弱める働きがあります。この働きを利用したのがプチ整形のボトックス注射です。表情ジワをなくす効果があります。

表情ジワをなくしエラを目立たなくする効果

表情ジワというのは顔の表情筋が動くことによってできるため、皮膚にボトックスを注入することによって表情筋の動きを弱めてシワをできにくくするのです。ただし適正な濃度と適正な注入量を守る必要があるので、実績のあるクリニックで施術を受ける必要があります。またシワ対策のほかに、顔のエラを目立たなくする効果もあります。エラが発達している部分に注入することでエラの筋肉を弱め、角張った部分を目立たなくするのです。

持続効果は半年から3年なのでやり直しがきく

このように注射をするだけでシワを除去したりエラを目立たなくできるので非常に人気のあるのですが、効果は永続的に続くわけではないのです。人によって違いますが、半年から3年の効果しかないので再度注射をすることになります。ただし治療を辞めたい場合は元に戻るので、やり直しがきくという点では安心感のある成型方法です。ボトックス注射のメリットとしては即効性があること、ダウンタイムがないことです。そのため誰でも気軽に施術を受けられます。

ボトックスは、筋肉の収縮を局部的に弱めることで、肌のシワやエラをとったりすることができる美容外科で行っている整形のことです。メスを使わないで注射だけでできるのです。