加圧トレーニングの特徴と今後の展望

加圧トレーニングの詳細

加圧トレーニングとは、血流を制限した状態で行うトレーニングのことで、腕や脚の付け根に専用の加圧器を装着し、適切な圧力を掛けながら行います。加圧した状態で運動を行うと、静脈や動脈内に血液が滞留した状態で運動を行うため、今まで使われていなかった毛細血管にまで血液が流れ、血行が良くなり、筋肉も活性化されます。血液の流れを制限することで、短時間の軽い負荷でのトレーニングでも大きな効果を得ることが可能で、現在、若い女性や短期間で結果を出したい方に人気を集めています。

トレーニングの際の原理と注意点

筋力トレーニングの際に重要となるのは乳酸で、乳酸が作用することによって脳下垂体から成長ホルモンが分泌され、体脂肪の燃焼や筋肉の発達が促されます。加圧トレーニングでは、酸素不足となることで血液中の乳酸濃度が急激に上昇するため、このような効果が大幅に促進され、通常の運動より大きな効果が得られます。ただし、運動の際は適切な加圧や運動時間に注意する必要があり、いくつかの体調不良を生じることがあります。必ず専門家の指導の下で行うようにしましょう。

医療分野での活躍に期待

加圧トレーニングは、ダイエットやスポーツ業界で注目されていますが、現在医療分野でも注目されています。軽い運動でも通常の運動と同様の効果が得られるのであれば、持病や腰の痛みなどでリハビリを行えない方でも、圧力を加える箇所を調節することによって、痛みのある箇所に負荷をかけることなくリハビリを行うことができます。加圧トレーニングは、現在研究が進んでいるトレーニング方法なので、今後の発展に期待しましょう。

加圧トレーニングなら横浜の施設がおすすめです。施設の数が多いために、トレーニングの内容や設備の充実度で選ぶことができます。