肌を潤わせしわを改善しよう

肌に潤いを与えるケアを

肌が乾燥すると現れるのがしわです。角質層や真皮層の潤いがなくなってしまうと、肌はハリを失います。だんだんと肌がたるんでいき、最終的にしわができてしまうのです。しわが気になるようになった、早いうちから予防したい方は、何より肌に潤いを与えるアンチエイジングケアを行うことが重要です。肌に潤いを与えるためには、4つの成分で毎日アンチエイジングケアを行うことをおすすめします。その4つの成分とは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ヒアルロン酸です。

セラミドとヒアルロン酸の効果

セラミドは、角質層に存在する細胞間脂質の主成分です。セラミドが不足すると肌が乾燥し始め、細かく浅いしわが現れてしまいます。年齢とともにセラミドは減少していくため、化粧品などを使用しセラミドを補ってあげましょう。ヒアルロン酸は、一般的に肌に浸透することはありません。肌の表面にとどまることで、肌内部の水分が蒸発するのを防いでくれます。セラミドで肌の内部を潤わせ、ヒアルロン酸で肌内部の潤いを逃さないようにすることが効果的です。

真皮層の潤いには2つの成分が有効

コラーゲンは、真皮層の潤いに欠かせない成分です。コラーゲンが不足すると深いしわが現れてしまいます。セラミドと同じく年齢とともに減少するため、毎日のケアでコラーゲンを補うようにしましょう。ビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成をサポートしてくれる成分です。根本的にコラーゲン不足を解消できるため、アンチエイジングケアに必ず取り入れたい成分です。しみの予防改善効果があるのも、ビタミンC誘導体ならではの特徴です。

年齢を重ねると肌の水分力が衰えてしわへと発展します。乳液で保護すると、肌がしっとり潤いしわも目立たなくなります。