医療脱毛とサロンの比較

医療脱毛とサロン脱毛はどちらがいいか

全身つるつるの愛され素肌になるために、全身脱毛を考える女性は多いのではないでしょうか。脱毛の方法は、大きく分けると「医療脱毛」と「サロン脱毛」の2パターンがあります。いざ、全身脱毛の契約をするとなったときに、いったいどちらの方がいいのか悩みます。どちらもメリットとデメリットがあり、どちらの方がよいかは脱毛への投資費用や、何年で脱毛を終わらせたいかによって変わってきます。自分に向いている脱毛方法で契約することが、つるつるすべすべの愛され素肌への近道です。

医療脱毛のメリット、デメリット

医療脱毛は、医療用の出力の高いレーザーを使用できるので、脱毛が完了するまでの期間が短いのが特徴です。サロンでは使用できない出力でレーザーを当てることで、サロンの半分以下の通院で脱毛効果が得られます。ただし、その分1回あたりの単価が高くなります。トータルするとサロンに何年も通った場合との価格差はさほどないのですが、短いスパンで考えると医療脱毛の方が高くなります。また、医療脱毛は出力が強いため、サロンより痛みを感じやすいです。

サロン脱毛のメリット、デメリット

サロン脱毛は1回あたりの単価が安いため、手軽に脱毛を始められます。全身脱毛なら月々1万円以下なので、まとまったお金が用意できない場合におすすめです。ただし、サロン脱毛は1回あたりの効果が薄いため、長く継続的に通う必要があります。そのため、トータルすると、医療脱毛と同じくらいの料金がかかります。脱毛効果を感じ始めるまでの期間も、医療脱毛に比べると長くなります。ただし、医療より出力が低いので、サロン脱毛の方が痛みを感じにくいです。

全身脱毛は部分脱毛と比較すると何倍もの時間をかけて行うのが一般的であり、毛の濃い薄いにもよりますが長い場合は1年以上に及ぶ事もあります。