脂肪を溶かす!?簡単に部分痩せができる方法とは

脂肪は注射で溶かすことができる

一度ついてしまった脂肪や食事制限や運動を行ってダイエットをしなければ減らすことは難しいものですが、ふくらはぎや二の腕、お腹など、一部分だけがどうしても脂肪が残ってしまうということがあります。部分痩せをしたいけれど難しいと感じている人におすすめなのが脂肪溶解注射です。その名前の通り、注射を気になる部分に行うだけで、その部分の脂肪を溶かしだすことができるので部分痩せを簡単に行うことができる方法なのです。

脂肪溶解注射ってどんなもの?

脂肪溶解注射は薬剤を気になる部分に注射することで脂肪細胞やセルライトを溶かすことができます。注射を行った部分は血行も良くなりますので、溶けた脂肪分はそのまま血液に吸収されて自然と排泄されて行きます。施術時間が短く、注射を行うだけの5~10分ほどで終わってしまうので、仕事を休む必要もありません。脂肪を溶かすという言葉から痛そうだと感じてしまうかもしれませんが、実際に施術を行っても痛みはほとんど感じる事はありません。

脂肪溶解注射の注意点とは

脂肪溶解注射は施術を受けてすぐに細くなったと感じる人はあまりいないと言われています。脂肪が溶けて排泄されるまでに少し時間がかかってしまい、実際に効果を実感するためには2週間に一度の脂肪溶解注射を6回ほど続ける必要があると言われています。また、施術後に筋肉痛のような痛みや腫れが起こることもありますが、いずれも一時的なものなのであまり心配する必要はありません。服を着ていても見える部分に施術をする場合には冬に行うようにしたり、症状が治まるまではその場所が隠れるような服を選ぶようにすると良いでしょう。

脂肪溶解注射とは、メソセラピーとも呼ばれ、脂肪細胞にフォスファチジルコリンという脂肪溶解剤をダイレクトに注入することにより、脂肪やセルライトを溶かして体外へ排出する痩身治療です。